建設キャリアップシステムとは?

官民が連携して開発した「建設キャリアアップシステム」は、技能者の資格、社会保険加入状況、現場の就業履歴等を業界横断的に登録・蓄積する仕組みとなっており技能の公正評価、工事の品質向上、現場の効率化につながる画期的なシステムです。

ICカードが本人を証明する機能を担う

建設キャリアアップシステムでは、一人ひとりの技能者が間違いなく本人であることを確認したうえでシステムに登録し、IDが付与されたICカードが交付されます。そのICカードが本人を証明する機能を担うことになります。その上で、いつ、どの現場に、どの職種で、どの立場(職長など)で働いたのか、日々の就業実績として電子的に記録・蓄積されます。

同時に、どのような資格を取得し、あるいは講習を受けたかといった技能、研鑽の記録も蓄積されます。こうして蓄積された情報を元に、最終的には、それぞれの技能者の評価が適切に行われ、処遇の改善に結びつけること、さらには人材育成に努め優秀な技能者をかかえる事業者の施工能力が見えるようにすること可能となります。

その結果、職人さんは自身の資格や職歴を証明できるため働く現場にかかわらず適正な評価と処遇が受けられますし、事業者にとっても技能者の就業状況が容易に確認でき、現場の入場管理が効率化されることとなります。

建設業は大きな変革期に

一方で、同じ資格等を持ち、同じ期間の就労経験があれば、個々の技能者の技能は一緒だとする評価の仕組みに関して疑問視する業者さんがいるのもまた事実です。個々の技能者の技能は必ずしも一律ではなく資格を取得したからと言ってすぐに職人になれるかというと個人的には難しいと考えております。しかし業界的にはこのキャリアアップシステム、外国人を建設業で雇用できるようになる等、大きな変革期に入っていることもまた事実です。

『改革なくして企業の永続なし』業界全体が繁栄出来るよう、行政書士としてお手伝いさせていただければと思っております。

建設キャリアアップシステムの登録対象者

  • 技能者(職人)
  • 元請、下請業者

※ 建設キャリアアップシステムは建設業許可の有無、法人・個人関係なく登録が可能です。

建設キャリアアップシステムのメリット

  • 事業者・・・技能者(従業員)の就業状況が容易に確認できます。現場の入場管理が効率化されます。
  • 技能者・・・自身の資格や職歴を証明できるため働く現場にかかわらず適正な評価と処遇が受けられます。

今後予想される動き

現場の入場や、公共工事の入札関連で出遅れる可能性?

① 官民が連携して推進するシステムなので、今後、経営事項審査や入札参加資格申請、建設業許可の確認資料として使用される可能性が高いこと

② 平成31年4月1日から運用開始となる新在留資格「1号特定技能」の在留資格で外国人労働者を雇用とする場合、雇用する建設会社の登録は必須の要件であること

③ 現在、元請(ゼネコン含む)から下請に対し、建設キャリアアップシステムに登録するよう、通知等がいっていること

上記より、建設業キャリアップシステムの登録をしていない事業者様・技能者様は現場の入場や、公共工事の入札関連で出遅れる可能性も考えられますので、早々に登録することをお勧めいたします。